外所山 西教寺

 西教寺は、安土桃山時代の慶長元年(1596)正月二十日、飫肥の伊東藩での多数の戦没者を弔うため、初代道源が現青島の沖合北東約三キロの地、外所(とんところ)村に建立した。
 二代道和の次男真改は、大阪に赴き名刀鍛冶として国内にその名を馳せた。
 外所村にあった寺は、寛文二年(1662)の大地震により村ごと海中へと没し、村民らと共に今江の郷に移った。
 天和元年(1662)四代全空のとき、外所に由来した寺号「外所山西教寺」を西本願寺より下付され、それを契機に現在地に寺堂が建立され、お念仏を門信徒と共によろこびながら、今日に至っている。

寺院情報

寺名(ふりがな) 外所山 西教寺(とんところざん さいきょうじ)
住職(ふりがな) 井上 真哲(いのうえ しんてつ)
住所 宮崎市熊野10542
電話番号 0985-58-0045
ホームページ  
墓地・納骨堂の有無 墓地無し 納骨堂有り(西教寺門信徒に限るが、住職判断により浄土
          真宗本願寺派
の門信徒も利用できる場合もある)
駐車場 30台程度
地図